審判離婚とは

1. 審判離婚とは

審判離婚とは、調停が不成立となった場合に、家庭裁判所が職権で離婚を命じる審判を行って離婚を成立させる手続きのことをいいます。

調停離婚が成立するには、夫婦間の合意が必要となりますが、夫婦間にわずかな意見のずれがあるだけで調停の合意が成立しなかった場合など、離婚は認めた方がよいといった場合もあります。このような場合に、審判離婚が利用されることとなります。

2. 審判の効力

審判で離婚が命じられた場合、当事者から異議が出されなければ、その審判は確定判決と同一の効力をもつことになります。他方、

当事者が審判後2週間以内に異議を申し立てると、その審判は効力を失ことになります。

このように審判の効力はあまり強くないため、家庭裁判所が審判を行うことは稀であり、離婚全体に占める比率は1%にも満たないとされています。